2014年03月31日

摂心体験一問一答


撮影:三浦元真


2014年3月1日から7日まで、茨城県潮来にある坂東座禅道場で摂心会が行われました。
この摂心は、出家せず仕事や家庭を持った一般の人が本格的な座禅修行ができる場となっています。……

……今回は、3月とはいえ厳しい寒さの中での摂心となりました。しかし、道場には桃の花が咲き、うぐいすの声が聴こえ、春の訪れが感じられました。
さて、今回は水戸座禅会に参加しています、石井健志居士がはじめて1週間の摂心に泊り込み、門外不出で参加しました。参加して2日目に「帰りたいこと山のごとし」「もっとゆっくり飯が食いたい」と愚痴をこぼし、挙句、起床時間に二度寝しようとして「起きろ!コラア‼︎」と叩き起こされた石井居士。
なんとか1週間つめた彼は何か得ることができたのでしょうか。
石井居士に、摂心に参加した感想を一問一答式で答えていただきました。

1.坐禅を始めたきっかけは?
姉に勧められて始めました。

2.今回、1週間の摂心につめようと思ったのは?
ちょうど転職しようかなと考えていて、一週間座禅を組めば何が自分にとって良い道なのか分かるかもしれないと思ったからです。

3.1週間の摂心に参加してみてどうですか?
今の仕事を続けることに決めました。

4.摂心中、一番印象に残っていることは?
老師が話するときに座る巨大な椅子。

5.摂心といえば、老師の提唱がありますが、初の提唱はいかがでしたか?
言葉が難しくてちょっと何言ってるのか意味がよく分からなかったです。

6.1週間つめきった後の感想は?
普通に働いてた方がマシだなと思いました。

7.次回も摂心につめてみようと思いますか?
今のところ思いません。普通に暮らしたいです。

8.これから座禅を始める方に一言
「座禅」っていうと敷居が高い感じがしちゃうと思うんですけど、誰でも簡単にできるので、気楽に座ってみてください。

1週間頑張った石井居士。
摂心が終了した時に、「また来る?」と問うと「二度と来ない!」との返答。
しかし言葉とは裏腹にその笑顔にはさわやかなものがありました。
愚痴をこぼしながら次回も参加してくれることを楽しみにしております。

さて、これから座禅をはじめようとするあなたにこの一問一答は役に立ちましたでしょうか。
座禅を体験したい、始めてみたいという方は、年齢問わず誰でも体験できますので是非、ご連絡ください。

初心者のための体験座禅
坂東道場(潮来)連絡先  三浦大元(道場責任者)(電話=0299-63-1544 携09042020598)
                 (メール miura.motitugu@sepia.plala.or.jp)

水戸座禅会(水戸市内原)連絡先  水井惟精 (携帯 080-5448-0726)
       (メール  rsa03633@nifty.com)
                                    

投稿者 zen : 06:34