September 07, 2003

文山包種茶(ぶんざんほうしゅちゃ) 

文山包種茶(ブンザンホウシュチャ)このお茶は茶葉の形状が細長く大きいタイプです。発酵度は青茶(烏龍茶などの中国茶)の中で最も低く約15%といわれています。味もどことなく日本の緑茶に似ています。甘みがありスッキリと飲みやすく、何とも言えぬさわやかな香りがします。このお茶を飲むと身体が .....

このお茶を飲むと身体がポカポカ暖まってきますので、冷え性の方にもオススメです。茶葉が大きいのでかさばりますので煎れるときは多めに(急須や茶こしの1/3〜1/2)入れて下さい。
台湾のお茶は安渓から伝わって来たものが多く、それに改良を加えて人気のお茶を作り上げています。日本で中国茶がブームになっているのも台湾の方のマーケティングのおかげですね!特に茶芸(工夫茶)は見ていても楽しいです。茶碗に茶葉を入れ熱湯を注いで飲むのではなく、小さな茶器をいくつも使います。小さな茶壺にお湯を勢い良く注いだり、茶壺の上からお湯をかけで茶葉が蒸されてゆく様子を見とよけいに美味しそうに見えます。わたしは大きめの茶壺をこのお茶専用に購入し、日本茶を飲むように湯飲みに注いで飲んでます。とくに1人で飲む場合は茶こし付マグカップをよく使ってます。
よくこのお茶(文山包種茶)を中国茶だと告げずにお客さんに出すのですが、「このお茶は変わった味だ!でも美味しい!」とよく言われます。それから色々な種類の中国茶を煎れて飲んでもらい話しに花が咲くのです。

Posted by Ashikado at September 7, 2003 10:20 PM
Comments